読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LL

今月のお気に入り(2016年11月)

Raphael Malfliet『Noumenon』

f:id:yorosz:20161120084603j:plain

 

 

・Moe and ghosts × 空間現代『RAP PHENOMENON』

f:id:yorosz:20161120125225j:plain

 

 

・Hanno Leichtmann, Valerio Tricoli『The Future Of Discipline』

f:id:yorosz:20161130220630j:plain

 

 

・Yann Novak『Ornamentation』

f:id:yorosz:20161120125252j:plain

 

 

・Oren Ambarchi『Hubris』

f:id:yorosz:20161120084934j:plain

 

 

・Kris Davis『Duopoly』

f:id:yorosz:20160727153749j:plain

 

 

・Hiroshi Ishida『LatLng​(​35​.​205639, 139​.​041795)』

f:id:yorosz:20161130220933p:plain

 

 

・Dante Boon『for clarinet (and piano)』

f:id:yorosz:20161007141619j:plain

 

 

・Andrew Cyrille Quartet『The Declaration of Musical Independence』

f:id:yorosz:20161120124509j:plain

 

 

・Jakob Bro『Streams』

f:id:yorosz:20161004212651j:plain

 

 

・Steve Roden『Striations』

f:id:yorosz:20160624210205j:plain

 

 

・Michael Tanner『Suite for Psaltery and Dulcimer

f:id:yorosz:20161120125712j:plain

 

 

・L A N D『Night Within』

f:id:yorosz:20120607132251j:plain

 

 

・Radian『On Dark Silent Off』

f:id:yorosz:20161120125433j:plain

 

 

・John Butcher, Thomas Lehman, Matthew Shipp『Tangle』

f:id:yorosz:20161120124336j:plain

 

 

・Nakama『Grand Line』

f:id:yorosz:20160503132919j:plain

 

 

・Tanaka/Lindvall/Wallumrød『3 pianos』

f:id:yorosz:20161107135251j:plain

 

 

・TAPE LOOP ORCHESTRA『The Invisibles』

f:id:yorosz:20161130003857j:plain

 

 

・ともこ一角『ロムエ』

f:id:yorosz:20161027181818j:plain

 

 

Radwimps君の名は。

f:id:yorosz:20161130002827j:plain

 

 

 

今月のお気に入り(2016年10月)

・Thomas Brinkmann『A Certain Degree of Stasis』

f:id:yorosz:20161101075440j:plain

 

宇多田ヒカル『Fantôme』

f:id:yorosz:20161101075715j:plain

 

・Melina Moguilevsky『Mudar』

f:id:yorosz:20161101080527j:plain

 

・Thomas Tilly『Test/Tone Documents』

f:id:yorosz:20160901184534j:plain

 

・Meshuggah『The Violent Sleep Of Reason』

f:id:yorosz:20161101080622j:plain

 

・Masayoshi Fujita & Jan Jelinek『Schaum』

f:id:yorosz:20161101080454j:plain

 

・Johnathan Finlayson & Sicilian Defense『Moving Still』

f:id:yorosz:20160805144637j:plain

 

・Peter Evans『Lifeblood』

f:id:yorosz:20160731162524j:plain

 

・STUFF.『STUFF.』

f:id:yorosz:20161101075923j:plain

 

・Francisco Meirino『An Investigation On Electricity, Magnetic Fields & (para)Normal Electronic Interferences』

f:id:yorosz:20161101081202j:plain

 

・Francisco Meirino『Dissension』

f:id:yorosz:20160830183211j:plain

 

・Keiji Haino / Jim O'Rourke / Oren Ambarchi『I Wonder If You Noticed "I'm Sorry" Is Such A Lovely Sound It Keeps Things From Getting Worse』

f:id:yorosz:20161101081804j:plain

 

yanokami『遠くは近い -reprise- 』

f:id:yorosz:20161101081617j:plain

 

AOR『TWO』

f:id:yorosz:20161101080937j:plain

 

カフカ鼾『nemutte』

f:id:yorosz:20161101081515j:plain

 

Oval『Popp』

f:id:yorosz:20161101080857j:plain

 

・Marvin Tate & Joseph Clayton Mills『The Process』

f:id:yorosz:20161101081259j:plain

 

A$AP Rocky『At.Long.Last.A$AP』

f:id:yorosz:20161101081357j:plain

 

・Nuel『Hyperboreal』

f:id:yorosz:20150831215820j:plain

 

・Mary Halvorson Octet『Away With You』

f:id:yorosz:20160811160241j:plain

『Sans Repères Session』at 日時計の丘

f:id:yorosz:20161018195423j:plain

10月10日に福岡市南区日時計の丘にて行われたライブイベント『Sans Repères Session』に行ってきました。出演はKenta Inamasu、Sho NAKAO、そしてメインにFrance Jobin。主催のpopmuzikは2012年にもフランス・ジョバンを招いたライブイベントを開いていて、後にレコードレーベルとして彼女の作品(イベントのタイトルにもなっている『Sans Repères』)を出してもいるので、その流れの中で今回のライブおよびツアーが企画されたのかなと。個人的にフランス・ジョバンはすごく思い入れのあるサウンドアーティストでもあるので最初このツアーの報せを聞いた時からすごく楽しみにしていました。出演者それぞれの演奏にしてもそうですし、それらをトータルしたひとつのイベントとしても印象深いものだったので簡単に感想をまとめておきたいと思います。では出演順に。

 

 

1. Kenta Inamasu

ピアノと詞のないスキャット的な歌唱によるパフォーマンス。全部で5曲ほどの演奏だったと思います。最後の曲のみSho NAKAOが演奏に加わり背景音的な役割のサウンドスケープを担当していました。即興演奏といった面も強いのでしょうが今回の演奏は聴いているぶんにはそこをあまり意識させないというか、1曲1曲で歌唱による旋律とピアノ演奏のしっかりとした結びつきを感じられる瞬間が多く、作曲されている面が強く印象に残りました。Inamasuさんの演奏は以前にもソロで一度、複数人の演奏で一度観ていますが、どちらも今回よりは抽象的な印象だったので少し新しい面を見れたような気分でした。この演奏では会場である日時計の丘に置かれているブリュートナー社製のグランドピアノが使われたのですが、一般的によく目にするグランドピアノより一回り小ぶりなボディから響く柔らかい音色はこの会場の大きさや雰囲気にとてもよく馴染んでいて、それだけで空間が充足するような感覚がありました。

 

2. Sho NAKAO

ラップトップ、ミキサー、複数個のエフェクターを用いたパフォーマンス。いつもは繊細に編まれた音楽的な音色のドローンと加工された環境音のレイヤーによるアンビエントを聴かせてくれるNAKAOさんですが、今回はそういった面もありつついつもよりは環境音がむき出しで配置され前景化したような印象で、中盤では音楽的な音色の存在がなくなりほぼ環境音のレイヤーのみで構成されたパートが現れたり、またパートの移り変わりや特定の音色のフェードイン/アウトの仕方も時に唐突だったりで“いつもと違う”面を多く見せてくれた演奏でした。終演後ご本人に確認したところによると、最初から最後までしっかり組まれたライブセットもあったようなのですが、それは二日前の東京公演で既に披露していて同じことをやるのはあまり気分が乗らなかったらしく、今回は東京滞在時に録ったフィールドレコーディングのサンプルなどを適当にタイムライン上に配置した状態で演奏を始め、再生されるサンプルにその都度場当たり的に対応するかたちで演奏したとのこと。演奏の終盤では讃美歌を思わせるようなトーンのドローンを中心とした安らかで美しいアンビエントのパートが現れたのですが、その部分だけあらかじめ組まれていたライブセットから抜粋されたもので、ご本人曰く「一応キリスト教徒なのでそれらしいものひとつくらいあったほうがいいかと思って作った」ものらしいです。

また前述のInamasuさんとNAKAOさんの演奏はまだ日の出ている時間帯に行われたため、会場の天窓から淡く日が差し込み演奏者のバックの白い壁にカーテンの影が映し出され控えめに揺れ続けていて(こんな感じとかこんな感じ)、それをぼーっと眺めながら聴くのがとてもいい感じでした。一緒にライブ行った方も同じ楽しみ方をされていたみたいで嬉しかった。

 

3. France Jobin

ラップトップのみによるパフォーマンス。演奏は今回のイベントのタイトルにもなっているアルバム『Sans Repères』のA面の冒頭のパートから始まり、今回のライブのために組まれたものと思しきパートへ移り、その後『Sans Repères』のB面の終盤のパートへ繋がれて終わるという構成でした。イベントのタイトルにもなってるくらいなのでこの構成はもちろんあらかじめ決められていたものだと思います。『Sans Repères』のA面の冒頭のパートというのはすごく開放的で目の前が開けていくようなサウンドなので、演奏が始まった時間帯に陽が傾き始めていた会場の雰囲気との折り合いがちょっと惜しいかなと思っていたのですが、驚いたのはその後、陽が落ちた会場の雰囲気に呼応するかのような濁ったトーンのドローンや曇り空を連想させるような加工されたサンプルの重なり合いが提示されて、あまり彼女のイメージになかったような低域よりのサウンドスケープを聴かせてくれたところですね。偶然の産物だとは思いますが会場の空気の移り変わりに音が同期していくような感覚があり、この場に居てよかったなーとしみじみ思ったり。他にもたしか前述の低域よりのサウンドスケープに移る前辺りだったと思いますが、静かなドローンが流れるだけのパートで外から犬の鳴き声や車の走行音が聴こえてきたり(犬の鳴き声に関してはジョバンさんも流石に気になったのか表情を崩していました)と、彼女自身が意図したものではないのかもしれませんが演奏が自身の出す音だけで完結しないものになっていることを強く印象づけられるような時間でした。

 

 

イベント全体を通して、演奏は聴衆が発する種々のノイズ(例えば足を組み替える際に服が擦れる音など)も耳に入ってくるような小さめの音量で行われていて、演奏外の音の干渉が良い方向に作用する場面と悪い方向に作用する場面がありました。この点に関しては、会場の大きさや立地(周辺が住宅地)などの条件からこうなっているのか、それとも意図的に抑えているのかはわかりませんが(個人的にはもう少し上げてほしいというのが正直なところ)、日が傾いていく時間に催されていることやそれと演奏との兼ね合いや同期、会場に据え置かれているピアノの響きなどと合わせて今回のイベント全体がその時限りの場(=空間)と時間の存在を強く意識させるものだったなと思います。演奏者の音“だけ”を聴かせるイベントではなかったというか、深読みのし過ぎかもしれませんが、出演者、主催者の方々がアンビエントの在り方というものをどう捉えているのかがなんとなく読み取れるような気もしてくる、それに基づいて様々なことが決定されているような印象を受けるイベントでした。

  

今月のお気に入り(2016年9月)

今月よく聴いたものです。画像クリックで試聴ページへ飛びます。

 

 

・Claire M Singer『Solas』

f:id:yorosz:20160410130503j:plain

ポスト・クラシカル(?)。ロンドンのユニオン・チャペルを拠点に活動している作曲家のデビュー作。ハーモニーや定型的な音程の推移もあるのできちんと作曲された曲って感じもするけど、それらは必要最小限に抑えられていて全編持続音を中心に描かれてる。曲によってはほぼドローンっていってしまえるようなものも。でもそういうドローン的な音楽(=和音の変化などいわゆる音楽の“進行”感を発生させる要素がほぼない)にも関わらず、音楽としての推進力がすごくて、停滞感みたいなものをあまり感じさせない。それがなぜなのかは今のところよくわからないんだけど、ダイナミクスとそれに伴う音色の印象の微妙な変化とかがポイントなのかなあ。音色の重ね方とかも同系統の音を重ねていく感じでどちらかというと停滞感が増しそうなものだけど…。

 

 

・Acronym『Entagled In Vines』

f:id:yorosz:20160930054907p:plain

ディープなテクノ。トーンは暗めかなと思うけど結構わかりやすく踊れる感じも。パンチのあるシーケンスが一本走ってる曲が多くて、そういう曲を印象づける核みたいなものの位置付けがうまいなって印象。ミックスとかに入っててもすぐこの人の曲ってわかりそうだし、映えそう。

 

 

・Ben Gwilliam『Vestibül』

f:id:yorosz:20151019005343j:plain

実験音楽、機械録音。複数のテープマシンから発せられた音。

 

 

・Stephen Cornford & Ben Gwilliam『On Taking Things Apart』

f:id:yorosz:20160930055106j:plain

実験音楽、機械録音。前掲の作品とアプローチは同じといってよさそうだけどこちらはより出音に対する人の干渉が聴きとれる。

 

 

・Marc Baron『Un salon au fond d' un lac』

f:id:yorosz:20160729125331j:plain

カセットテープの音源を用いたコラージュ/コンクレート。派手な展開があったりして面白い。最後の曲のくすんだピアノの音はわかってても染みる。ズルい。小さい音でなんとなく流しておくのが好きだったりする。心地よすぎない。

 

 

Pan Sonic『Atomin Paluu』

f:id:yorosz:20160930055706j:plain

ノイズ・テクノな曲はもちろんだけどアンビエントな時間も多くてかなり好き。

 

 

・Elina Duni Quartet『Matanë Malit』

f:id:yorosz:20160930055739j:plain

アルバニアコソボなどのトラッド曲を演奏したアルバム。3曲目「Kur Të Kujtosh」に完全にやられてしまってその2日後にはライブに行きその会場で買った。「Ka një mot」の後半とか、ふとしたところでのさりげない和音ひとつとかで異様に深みのある響きを聴かせてくれるColin Vallonのピアノをはじめとするバックの演奏もいいし、抑揚はあるけど根底に静けさを感じさせてくれるようなElina Duniの歌声も素晴らしい。

 

 

・G.H.『Housebound Demigod』

f:id:yorosz:20160930055837j:plain

インダストリアル/テクノ。音の歪みの具合とか低音出てる感じとかすごくかっこいい。Modern Loveからってところでまあ『Passed Me By / We Stay Together』の頃のAndy Stottを連想してしまったりも。ライブで聴いたら凄そうだなー。

 

 

・Gary Thomas『Seventh Quadrant』

f:id:yorosz:20160930060204j:plain

すげースリリングなジャズ。わかりやすくテクニカルでめっちゃ演奏上手い(小並感)。しかしなんで今このタイミングでこれを聴くんだって感じだ(笑) 形式としてのジャズらしさをガッチリ保っていながらこれだけガッとくる作品に出会ったのちょっと久しぶりな気もする。

 

 

 

・Ken Ikeda『Primal Scene』

f:id:yorosz:20160930060338j:plain

サウンドアート/アンビエント。物音というか環境音というか、一般的な楽器以外のものから発せられた音が多く用いられているんだけど、それらを過度に加工したり例えばリズム組むようなかたちで音楽的な形式に当てはめることはせずに、異物感というか物音としての手触りみたいなものを残しながら、しかし音楽的に響かせることでその他のアンビエントな音使いの中に絶妙な距離感で存在させてる。凄い。

 

 

・The Claudia Quintet『Super Petite』

f:id:yorosz:20160930055244j:plain

コンテンポラリージャズ。なんか妙にクセになるコンポジション

 

 

・Qeel『Internal Reality』

f:id:yorosz:20160930055207p:plain

ディープなテクノ。よく知らない人だけど多分これがデビュー作っぽい。冷たくそっけないんだけどなぜかスッと身体に浸透してくるような音。ノイジーさや重々しいゴシックな雰囲気もあるけど押しつけがましくない塩梅でいい。これ出してるAnnulledってレーベルすごく好きだな。これからも期待できそう。

 

 

・Desolate Horizons『I Thought I'd Never Find You』

f:id:yorosz:20160830151612j:plain

アンビエントシューゲイザー。去年のアルバムもかなり良かったけど、今作は収録曲数減らして1曲でじっくり聴かせてくれる感じ。トータルタイム的にもいい感じの短さでよく聴いた。ジャケもいいね。ちなみにNYP

 

 

・Socrates Martinis『Under the arches of her voice』

f:id:yorosz:20160930073049j:plain

ミュージック・コンクレート。よく知らないけどギリシャの作家かな。質感や空間の違う持続音の切り貼りが中心で、それほど細かいことはやってなさそうだけどなんか聴かせる力がある。特に音の広がりや距離感(まあ≒空間ってことですね)の違う音が同時に鳴ってるときが面白い。

 

 

・The Necks『Box』

f:id:yorosz:20160930075551j:plain

よく聴いたっていってもまだそれぞれ2周づつくらいしか聴けてないけど…とりあえず入れておこう……。

 

 

今月のお気に入り(2016年8月)

 

・DJ Nobu『Nuit Noire』

f:id:yorosz:20160831164824j:plain

 

 

坂本慎太郎『できれば愛を』

f:id:yorosz:20160831165145j:plain

 

 

・BADBADNOTGOOD『IV』

f:id:yorosz:20160831165220j:plain

 

 

・KING『We Are KING』

f:id:yorosz:20160831170044j:plain

 

 

・tricot『KABUKU EP』

f:id:yorosz:20160831165314j:plain

 

 

・Lourenço Rebetez『O Corpo de Dentro』

f:id:yorosz:20160831170216p:plain

 

 

・Jeri-Jeri『Ndagga Versions』

f:id:yorosz:20160831170345j:plain

 

 

・Deadbeat『Radio Rothko

f:id:yorosz:20160831165838j:plain

 

 

・Shin Sasakubo & Akiyuki Okayasu『invisible flickers』

f:id:yorosz:20160831164407j:plain

 

 

・Vanessa Rosetto『Adult Contemporary』

f:id:yorosz:20160831164452j:plain

 

 

・Cube『My Cube』

f:id:yorosz:20160831164619p:plain

 

 

DJ Krush『Butterfly Effect』

f:id:yorosz:20160831170520j:plain

 

 

 

・Steve Lehman『Sélébéyone』

f:id:yorosz:20160626113243j:plain

 

 

・ILLEGAL CROWNS『ILLEGAL CROWNS』

f:id:yorosz:20160831165354j:plain

 

 

・Oar『everything goes flat

f:id:yorosz:20160831165438p:plain

 

 

 

今月のお気に入り(2016年7月)

・Francisco Meirino『surrender, render, end』

f:id:yorosz:20060329160811j:plain

 

 

・Valerio Tricoli『Vixit』

f:id:yorosz:20160731054136j:plain

 

 

・Michael Foster _ Ben Bennett『" "』

f:id:yorosz:20160731054430j:plain

 

 

・Meshuggah『Nothing』

f:id:yorosz:20160731055024j:plain

 

 

・Dan Weiss『Fourteen』

f:id:yorosz:20160731054538j:plain

 

 

 

・Lucas Bolaño『Impermanencia』

f:id:yorosz:20160330153631j:plain

 

 

・Giovanni Di Domenico, Arve Henriksen, 山本達久『Clinemen』

f:id:yorosz:20160731060544j:plain

 

 

・Manuel Mota, Giovanni Di Domenico, 山本達久『SoundShots #1』

f:id:yorosz:20160731060942j:image

 

 

・Ranta Lewis Plank『Mu』

f:id:yorosz:20160731055127j:plain

 

 

・Ntogn『Threads』

f:id:yorosz:20160307183736j:plain

 

 

・Carers『...it's eternity, Ester"/ Easter』

f:id:yorosz:20160731060259j:plain

 

 

・John Stevens / Evan Parker / Kenny Wheel / Dennis Bailey / Dave Holland『Karyobin』

f:id:yorosz:20160731060337j:plain

 

 

・Haiku String Trio『beat keller. tom johnson. joseph kudirka string trios』

f:id:yorosz:20160731055200j:plain

 

 

・Robert Piotrowicz『Stara Szkoła Ze Złota / Old School Made Of Gold』

f:id:yorosz:20160731054702j:plain

 

 

・MMOTHS『Luneworks』

f:id:yorosz:20160731055921j:plain

 

 

・Esbjörn Svensson Trio『Seven Days Of Falling』

f:id:yorosz:20160731060013j:plain

 

 

・挾間美帆『Time River』

f:id:yorosz:20160731055304j:plain

 

 

・Jesse Osborne-Lanthier & Grischa Lichtenberger『CSLM』

f:id:yorosz:20160731055626j:plain

 

 

・Clams Casino『32 Levels』

f:id:yorosz:20160731055711j:plain

 

 

・deafheaven『New Bermuda』

f:id:yorosz:20150608134100j:plain

きのこ帝国「Girl meets NUMBER GIRL」

youtu.be

サビだけ取り出せばなんかポカリスエットのCMにでも使われてそうな爽やかなロックって感じになると思うけど、歌い出しから「青が刺さる」までの声のトーンの異様な冷たさ?鋭さ?震え?無表情さ?がまず耳に飛び込んできてからだと全然そう聴こえない。曲調自体は曲中で何度も歌われる「青い空」を連想するような“開放”的で明るいもので、コードもCmaj9とGの繰り返しを基本に間にAm7挟むくらいだし、アレンジや演奏、音作りに関しても特別なものはないように思うけど、そこにこの声が乗るだけで夏の日差しの中を汗流しながら歩いてる時に聴いても寒気で鳥肌たってしまうような(←ていうか昨日実際こうなったから書いてるんだけど)、イヤホンで聴いてても肌で音聴いてるような、なかなか聴いたことのない色合いや感触の音楽になってる。なんか最近出た『できれば愛を』に関しての坂本慎太郎のインタビューにおける「声にすべての情報が詰まってる」って発言を実感できるような曲というか。あと歌い出しになってる「閉ざす」から「青が刺さる」の部分は曲の最後にもう一度歌われるんだけど、最後のほうは最初のほうに比べて声の震えが少しだけ増しているように(≒表情が少しだけ面に出てきているように)聴こえるのもいい。

 

 

あときのこ帝国とは何の関係もないけどこのポカリのCM好き。

youtu.be