LL

LL

今月のお気に入り(2022年9月)



 

〈新譜〉

・Bloodz Boi『365』

 

・Coby Sey『Conduit』

 

DJ Mitsu The Beats『MAGNETAR』

 

・Ayami Suzuki『Vista

 

・Ellen Arkbro & Johan Graden『I get along without you very well』

 

・Tewksbury『Brutes』

 

・明日の叙景『アイランド』

 

・Lil Silva『Yesterday Is Heavy』

 

・Bill Orcutt『Music for Four Guitars』

 

・Dienne『Addio』



 

 

 

〈旧譜〉

・The Blue Nile『A Walk Across The Rooftops

 

Stevie WonderInnervisions

 

Fleetwood MacRumours

 

Joni MitchellChalk Mark in a Rain Storm

 

・MEGA-G『Re: BOOT

 

・Hildur Guðnadóttir『Joker

 

Merzbow24 Hours - A Day Of Seals

 

Stephan MathieuKapotte Muziek

 

・Dødheimsgard『Satanic Art

 

・Racine『Quelque Chose Tombe

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月のお気に入り(2022年8月)

 

〈新譜〉

・Bienoise『THIS MEANING TODAY』

 

・Beyoncé『RENAISSANCE』

 

・Sig Nu Gris『Threshold』

 

・Cheri Knight『American Rituals』

 

・Racine『Amitiés』

 

・Shuta Hiraki『Circadian Rhythms Vol. 2』

 

・Aloïs Yang『Distant Water Exotic Landscape - Post Installation Studies』

 

・Jake Muir & Evan Caminiti『Talisman』

 

・Kit Grill『Spirit』

 

・Bermuda Hay『遠景』

 

・Tomasz Bednarczyk『Windy Weather Always Makes Me Think Of You』

 

・James Hoff『Inverted Birds and Other Sirens』

 

・Carlos Niño & Friends『EXTRA PRESENCE』

 

・Yunzero『Butterfly DNA』

 

・Drake『Honestly, Nevermind

 

・'t Geruis『Bain D'Étoiles』

 

・Antti Tolvi『Spectral Organ / Feedback Gong』

 

・¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U w/ friends『Midnight is Comin'』

 

Nico Georis『A Rainbow in Curved Air

 

・Purelink『Purelink』

 

・Anteloper『Pink Dolphins

 

・Steve Lehman『Xaybu: The Unseen』

 

・Dania『Voz』

 

・Nick Storring『Music from Wéi 成为』

 

・a0n0『City Lights』

 

・LI YILEI『Secondary Self』

 

・Klehe『Klehe』

 

 

 

 

〈旧譜〉

Brian EnoMusic For Installations

 

・Valentina Goncharova『Recordings 1987-1991, Vol.2

 

・The Dead Texan『The Dead Texan

 

・Creative Source『Migration

 

MerzbowSpiral Honey

 

BOaTLISTENING SUICIDAL

 

・Peter Strickmann『Mellow Toes

 

・Ian M Fraser『Berserk

 

MerzbowSha Mo 3000

 

・Leon Ware『Musical Massage

 

MerzbowAnimal Magnetism

 

MerzbowMetamorphism

 

・Rehberg & Bauer『Passt

 

Merzbow『Higanbana』

 

Merzbow『Bloody Sea』

 

MerzbowMinazo Vol.1

 

・The O'Jays『Back Stabbers

 

・Brass Construction『Brass Construction

 

Gangsta Pat『Deadly Verses

 

 

 

 

 

 

リリース情報:Shuta Hiraki『Circadian Rhythms Vol.2』

 

 

アクリルの盾や石板など作品によって様々な形態でリリースを行うモントリオールのレーベルArchive Officielleより、私の新作『Circadian Rhythms Vol. 2』がリリースされました。15部限定のアクリルパネル製プラーク(オブジェ)とデジタルアルバムで入手できます。

本作は私の持病でもある非24時間睡眠覚醒症候群から着想を得て制作している作品「Circadian Rhythms」の第二弾となるアルバムです。第一弾は2020年にLINEからリリースされています。

作品のコンセプトはbandcampの作品ページに記載されていますが、そちらは英語なので以下に日本語訳を載せておきます。

『Circadian Rhythm's Vol. 2』はShuta Hirakiが自身の慢性的な疾患でもある非24時間睡眠覚醒症候群から着想を得て制作している作品群「Circadian Rhythms」の第二弾となるアルバムです。
非24時間睡眠覚醒症候群は概日リズム障害の一種で、24時間に同期しない概日リズムを持つことが特徴です。
これにより患者は24時間周期での生活に不具合を生じ、時差ボケに似た症状を慢性的に経験します。
この疾患は全盲の人がよく抱えますが、そうではない人にも起こり得ます。
私の場合、その特徴は25時間周期の概日リズムとして表れ、通常の24時間の周期とズレを引き起こします。
「Circadian Rhythms」シリーズではこの周期のズレに着目し、調律や周波数、倍音、時間推移などにその値を適用しています。
このアルバムには、1時間を1秒に変換することで偏差値の推移を反映させた作品が収録されています。
今回収録された「op.16」では、24平均律と25平均律の上昇音列のループからいくつかの音を抜き出すことで6つの作品を作っています。
すべてのピースを重ねると元の上昇音列が現れますが、それぞれのピースを聴くことで周期のずれを観察することもできます。

 

 

 『Circadian Rhythm's Vol. 1』も合わせて是非。

 

 

今月のお気に入り(2022年7月)

 

〈新譜〉

・700 Bliss『NOTHING TO DECLARE』

 

・『Licorice Pizza』

 

・Caterina Barbieri『Spirit Exit』

 

・Kali Malone『Living Torch』

 

・Sam Gendel, Antonia Cytrynowicz『LIVE A LITTLE』

 

・Meshuggah『Immutable』

 

Vladislav Delay & Eivind Aarset『Singles』

 

Vladislav Delay『Isoviha』

 

・X.Y.R.『Aquarealm: Sub-Aquatic Compilation』

 

・CTM『Babygirl』

 

・Slikback『22122』

 

・Akito Tabira『Visibility_ep』

 

・Wu-Lu『LOGGERHEAD』

 

・Gard Nilssen Acoustic Unity『Elastic Wave』

 

・Pita『at GRM』

 

・Oblaka『HACE LP』

 

・Madeleine Cocolas『Spectral』

 

・Jasmine Myra『Horizons』

 

・Reinartz『Dances』

 

・Pontiac Streator『Sone Glo』

 

・KMRU『Temporary Stored』

 

・Juçara Marçal『EPDEB』

 

・East Man『HI TEK MUSIC』

 

・Oded Tzur『Isabela』


・Leon Vynehall『Endless (I&II)』

 

・Priori presents RED『Nigh』

 

・Extruders『Bootleg_01』

 

・Extruders『Bootleg_02』



 

 

〈旧譜〉

・LOONA『[X X]

・Alex Zhang Hungtai & Pavel Milyakov『STYX

・Spirituarized『Ladies and gentlemen we are floating in space

・Sarah Hopkins & Alan Lamb『Sky Song

Brian Eno & Jah WobbleSpinner

David BowieGlastonbury 2000 (Live)

・Nick Storring『Rife

・Shelly Parker『Sleeper Line

・Grand Puba『2000

・Ekin Fil『Feelings

・Vic Bang『Lira

 

 

今月のお気に入り(2022年6月)

 

〈新譜〉

・Daniel Villarreal『Panama 77』

 

Merzbow & Lawrence English『Eternal Stalker』

 

・『Síntomas de techno : Ondas electrónicas subterráneas desde Perú (1985​-​1991)』

 

・Koray Kantarcıoğlu『Loopworks 2』

 

・VALENTINA MAGALETTI『A Queer Anthology of Drums 异鼓选』

 

・Salamanda『ashbalkum』

 

・Blackhaine『Armour II』

 

・Shuta Hiraki『univocal』

 

・Grykë Pyje『Squirlich Stroll』

 

・Chevel『Waiting for Love』

 

・Mogao『Finger Pointing To The Moon』

 

・HAINO KEIJI & THE HARDY ROCKS『きみはぼくの めの「前」にいるのか すぐ「隣」にいるのか』

 

・James Blake『Wind Down』

 

・exael『Ice That Melts The Tips』

 

・Francesco Messina『Reflex』

 

・Tatsuhisa Yamamoto『Recycling』

 

Giuseppe Ielasi『The Prospect』

 

・Wild Up『Julius Eastman Vol. 2: Joy Boy』

 

・MIRA 新伝統『Noumenal Eggs』

 

・Felicia Atkinson『Image Language』

 

・Too Tall To Sing『New Dance Moves』

 

・John Mcguire『Pulse Musixc』

 

・Loris S. Sarid『Seabed-Sunbath』

 

・Marina Herlop『Pripyat』

 

 

 

〈旧譜〉

David BowieEarthling

 

・Hiro Kone『A Fossil Begins To Bray

 

ParliamentFunkentelechy Vs. The Placebo Syndrome

 

Iannis XenakisLa Légende d'Eer

 

・William Selman『Saccades

 

・Dawuna『Glass Lit Dream

 

・White Noise Radiance『Washing Machine Sound

 

Miles DavisBig Fun

 

・Jeremy Young『Filaments

 

・Weather Report『Live in Tokyo

 

・Philip White w/ Nic Jenkins『Of The Air

 

・Reptilicus『Crusher of Bones

 

A Tribe Called QuestBeats, Rhymes & Life

 

・f(x)『Red Light

 

・Reanimation Library『Sound and Its Relation to Music

 

 

 

リリース情報:Shuta Hiraki『univocal』

 2022年6月10日に新作アルバム『univocal』をリリースいたしました。自身のbandcampからのセルフリリース作品です。フル試聴とデジタル版の購入ができます。梅雨時の雨の音とともに聴いていただきたいアンビエント作品です。是非ともよろしくお願いいたします。

 

 

本作はセルフリリースのため情報の拡散に不安があります。よかったらシェアしていただけると幸いです。

 

 

過去のセルフリリース作も合わせて是非。