LL

LL

今月のお気に入り(2024年2月)

 

〈新譜〉

Vijay Iyer, Linda May Han Oh, Tyshawn Sorey『Compassion』

 

・Brunhild Ferrari『Ext​é​rieur​-​jour』

 

・Ariel Kalma, Jeremiah Chiu, Martha Sofia Honer『The Closest Thing to Silence』

 

・peeq『oblique fold』

 

・Liquid DnB-like Ambient Grime 2『Liquid DnB-like Ambient Grime 2』

 

・Ivy Lab『Mild Snake』

 

・Maya Shenfeld『Under The Sun』

 

・Otis Sandsjö『Y-OTIS TRE』

 

DJ KRUSH『再生 -Saisei-』

 

・Anasisana『Transmogrify』

 

・Rafael Toral『Spectral Evolution』

 

・Kali Malone『All Life Long』

 

・Canberk Ulaş『Echoes of Becoming』

 

・Basic Rhythm『The Bounce

 

 

 

 

〈旧譜〉

・Arthur Clees『Stay, Temporary Home

・Claire M Singer『Saor

・Slowfoam『Worlding With Earth

・E-Saggila『My World My Way

・Colin Stetson『New History Warfare Vol.3

・RAMP『Come Into Knowledge

・Lunasa『The Merry Sisters of Fate

藤枝守Patterns of Plant

Richie Kotzen, Greg Howe『Tilt

・Aleksandra Słyż『A Vibrant Touch

・John Francis Flynn『Look Over The Wall, See The Sky

・John McSherry『The Seven Suns

・Ian Mikyska『MiniMa: Strings, Water, Leaves, Air

・DJ Soulscape『Lovers:

・Maciej Obara Quartet『Frozen Silence

・Viken, Myhre, Strønen『Djupet

・Jakob Davidsen, Jesper Egelund & Thomas Strønen『Silence Trio 3

・Les Dudek『Les Dudek

 

 

 

今月のお気に入り(2024年1月)

 

〈新譜〉

・fendoap『Everlasting Daisy

 

・Koenraad Ecker『Raw Materials』

 

・Ian Mikyska & Fredrik Rasten『Music for Sixth​-​tone Harmonium』

 

・Mary Halvorson『Cloudward』

 

・Brecht Ameel『Here』

 

・Park Jiha『Foe

 

・Donato Dozzy『Magda』

 

Jan Jelinek & Arthur Clees『Live in Luxembourg, December 3rd 2021』


・E-Saggila『Gamma Tag』

 

・PYUR『Lucid Anarchy』

 

 

 

〈旧譜〉

・Fredrik Rasten『Lineaments

・Jumping Back Slash『A Seat In Heaven

・Judgitzu『Sator Arepo

・S. Carey『Shadowlands

・Steve Gunn & David Moore『Let the Moon Be a Planet

・Dorothy Carter『Waillee Waillee

・Mille Helt Haarder『Voix C​é​leste

・Tetsu Nagasawa / Masatake Abe『Live at Ftarri, April 19, 2023

・Johan Lindvall『Fredrik Rasten: four parallel rivers

・Tetsu Nagasawa『a fragment and beyond』

高橋竹山津軽の魂

・PANTERA『Far Beyond Driven

・Paul Giovanni, Magnet『The Wicker Man

・Brighde Chaimbeul『The Reeling

Stevie WonderHotter Than July

・Gabriel Saloman『Movement Building Vol.2

・Phill Niblock『Exploratory I

・Alessandro Cortini『Emosfere

・Paul Dunmall, Chris Corsano『Identical Sunsets

・Phoenecia『Randa Roomet

・Ye Vagabonds『The Here's Lament

 

 

 

 

 

 

今月のお気に入り(2023年12月)

 

〈新譜〉

・Colin Stetson『When we were that what wept for the sea』

 

・Sarah Davachi『Selected Works I & II』

 

・Sarah Davachi『Long Gradus』

 

・Mister Water Wet『Cold Clay from the Middle West』

 

・Nate Smith『Pocket Change 2』

 

・MM/KM『Ich sehe Vasen』

 

・Kamran Sadeghi『Disappearing Music』

 

・ML Buch『Suntub』

 

・J and the woolen stars『Personal Problems』

 

・Variát & Merzbow『Unintended Intention』

 

・Sampha『Lahai』

 

・Klein『touched by an angel』

 

・Ayami Suzuki & Rob Noyes『Classic Fevers and Chills』

 

・Cindy Talk『When the Moon is a Thread』

 

・Émile Zener『Contraluz』

 

・Michèle Bokanowski『Musiques De Concert』

 

・Martyna Basta『Diaries Beneath Fragile Glass』

 

・Roy Werner『Imagine My』

 

Travis Scott『UTOPIA』

 

・goat『Joy in Fear』

 

・Thomas Brinkmann『Ernst 9 / 25 anniversary / Quila / Romy - dedicated to Shani Louk and all of them who got shot on the dancefloors』

 

 

 

〈旧譜〉

・Chiyoko Szlavnics『Gradients Of Detail

Sheila Chandra『ABoneCroneDrone

・Joanna Brouk『Sounds of The Sea

・Henry Parker『Lammas Fair

・Tatamax『Fairy Glen Appearances

 

 

 

今月のお気に入り(2023年11月)

 

〈新譜〉

・Kevin Richard Martin『Black』

 

・KMRU『Stupor』

 

・Gregg Kowalsky『Eso Es』

 

・ANARCHY『My Mind』

 

・Spoek Mathambo『GQIRHA: Song for the Medicine Man』

 

・Flora Yin-Wong『Cold Reading』

 

・Lucy Railton『Corner Dancer』

 

・33EMYBW『Holes of Sinian』

 

・Rainy Miller, Space Afrika『A Grisaille Wedding』

 

・Fabio Perletta『Nessun Legame con la Polvere』

 

・Toma Kami『Speed Oddity vol. III』

 

・Martha De Pascalis『Sky Fresh』

 

・Jan Nemecek『Dissolved』

 

・Brendan Glasson『"The Reality of People" and Other Works for Reed Organ』

 

・Jules Reidy『Trances』

 

・Brìghde Chaimbeul『Carry Them With Us』

 

・Ivan Vukosavljević『Slow Roads』

 

・Lisa Lerkenfeldt『Halos of Perception』

 

・Büşra Kayıkçı『Places』

 

・Yolabmi『Hydra』

 

 

〈旧譜〉

・Flore『Legacy & Broken Pieces

・Poirier『Momentum

・Sonya Eriksonn『Ciambotto

・The Groundhogd『Split

・Kombo『Tizane Amaré

・Carrousel『La Vie Est Un Mystere

・F.U.S.E.『Dimension Intrusion

・Authentically Plastic『Raw Space

・Smut Peddlers『Porn Again

・Segadelik『Michel Fock Doom

・Brìghde Chaimbeul『The Reeling

 

 

 

 

【お知らせ】Fabio Perletta Japan Tour 2023 at 圓立寺

2023年11月17日~12月10日にかけて、イタリアを拠点に活動するアーティストFabio Perlettaの日本ツアーが開催されます。関西~九州~関東を周る予定で、この度私は11月25日、長崎の諫早市にあります圓立寺にてイベントを主催いたします。
出演はFabioに加え打楽器奏者の長沢哲、電子音楽の分野を中心に活動するYutaka Sakamoto、Akito Tabira、そして私Shuta Hirakiとなります。また、会場の装飾をキャンドルアーティストのmuninaruが手掛けます。
フードの出店もありますので、ごゆっくりお楽しみいただければ幸いです。

ご予約やご質問などはメールgloowwwing@gmail.comまで、お名前と人数をご記載ください。各種SNSでのDMからでもご予約可能です。

また、当日は寒くなることが予想されるため、会場には寒さ対策を考えた服装でご来場されることを推奨いたします。お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

 

 

それと、ツアーに合わせてというわけではないのですが、現在私はFabioが運営するレーベル901 Editionsが行っているヴァーチャル・レジデンシー・プログラムに参加しています。こちらのページをチェックしてください。

 

このレジデンシーでは毎月異なるアーティストが参加し、その期間内で自由に音源をアップしていきます(しっかりとした楽曲からスケッチや素材まで制約はありません)。私はこの期間を調律の勉強にあて、それに関する音源をアップしています。
アップされた音源はレジデンシー期間内(私は11月いっぱい)はNYPで公開され、期間終了のタイミングで内容が確定し8ユーロでの販売に切り替わります。サポートなども何卒よろしくお願いいたします!

 

 

既に関西での公演は終了していますが、これからの九州、関東での公演情報は以下のフライヤーをご確認ください。お近くの公演へ是非とも!

 

今月のお気に入り(2023年10月)

今月は新譜聴く時間全然なかったです。

 

〈新譜〉

・Nihiloxica『Source Of Denial』

 

・SG『For Lovers Only / Rain Suite』

 

・Aho SSan『Rhizomes』

 

・OMSB『喜哀』

 

・Jeff Rosenstock『HELLMODE』

 

・ZULI『Komy EP』

 

・Emptyset『ash』

 

・Asha Wells『Water Words』

 

・BJF『Pressure』

 

・Labelle『NOIR ANIMA』

 

・浮『in my room for seoul』

 

・CIA RINNE『SOUNDS FOR SOLOIST』

 

・Hyperdawn『Steady』

 

・『FINAL Taipei Compilation』

 

・GIGI MASIN & ROD MODELL『RED HAIR GIRL AT LIGHTHOUSE BEACH』

 

 

〈旧譜〉

・『Judgement Night

Erika de Casier『Sensational

Pharoah SandersPharoah

・Hiroshi Yoshimura『Surround

・BoogzBrown『3883

・INSULA『TRMBA

・Don Zilla『Ekizikiza Mubwengula

・KURAYAMI『Phonocatalyst

・『CxC Vol.2

・Christine Salem『Larg pa lo kor

・Zanmari Bare『Voun

・Patrick Manent『Kozmann ker

 

 

 

今月のお気に入り(2023年9月)

 

〈新譜〉

・Tu M'『Monochromes Vol.2』

 

・AUNTY RAYZOR『Viral Wreckage』

 

・Normal Nada the Krakmaxter『Tribal Progressive Heavy Metal』

 

・Kris Davis『Diatom Ribbons (Live at The Village Vanguard)』

 

・Dirty Electronics, Oliver Torr『piu hiway』

 

Slowdive『everything is alive』

 

・Lisa Lerkenfeldt『Shell Of A City』

 

・Minor Science『Absent Frinds Vol. III』

 

・Steve Lehman & Orchestre National de Jazz『Ex Machina』

 

・Chris Abrahams『Placelessness』

 

・Radian『Distorted Rooms』

 

・Özcan Saraç『Manifestations of Natural Phenomena』

 

・Richard Chartier『Recurrence.Expansion』

 

・Felicia Atkinson『Ni envers ni endroit que cette roche br​û​lante (Pour Georgia O​’​Keeffe)』

 

・Atte Elias Kantonen『a path with a name』

 

・SERWED『SERWED IV』

 

・Laurel Halo『Atlas』

 

・Zoltan Fecso『Other Air

 

・Helena Hauff『fabric presents Helena Hauff』

 

・The Pitch & Julia Reidy『Neutral Star』

 

・Pulgas『The Book Of Pulgas』

 

・Jake Meginsky『Trinities』

 

・KMRU『Dissolution Grip』

 

・Matana Roberts『Coin Coin Chapter Five: In The Garden​.​.​.』

 

・CV & JAB『Κ​λ​ί​μ​α (Klima)』

 

 

 

〈旧譜〉

Boot Camp Clik『The Chosen Few

Elvin Jones, Jimmy Garrison『illumination!

・Duet Emmo『Or So It Seems

・Jung An Tagen『Emergent Properties

・Laurel Halo『Possessed (Original Score)

・a0n0『Calopteryx atrata

・Mary Halvorson & Bill FrisellThe Maid With The Flaxen Hair