LL

LL

今月のお気に入り(2021年2月)

f:id:yorosz:20210228172157j:plain

 

〈新譜〉

・FUJI​|​|​|​|​|​|​|​|​|​|​TA『tsu tsu』

f:id:yorosz:20210210153236j:plain

 

・Dupleix / Forestiere / Pontvianne『Geographies of Breath』

f:id:yorosz:20210210153420j:plain

 

Madlib『Sound Ancestors』

f:id:yorosz:20210210153700j:plain

 

・Shuta Hiraki『白炭』

f:id:yorosz:20210210153512j:plain

 

・Francisco Meirino『A New Instability』

f:id:yorosz:20210210154009j:plain

 

Arve Henriksen - Arve Music『Walhalla Hotel - fables in the haze of history

f:id:yorosz:20210210154138j:plain

 

・Lionel Marchetti『La grande vallée / Micro-climat』

f:id:yorosz:20210210154305j:plain

 

 ・Dell Lillinger Westergaard『BEATS』

f:id:yorosz:20210212030631j:plain

 

・Jakob Bro, Arve Henriksen, Jorge Rossy『UMA ELMO』

f:id:yorosz:20210213034602j:plain

 

・Tomoko Mukaiyama & Yannis Kyriakides『La Mode』

f:id:yorosz:20210213034157j:plain

 

・Alina Kalancea『Impedance』

f:id:yorosz:20210213222857j:plain

 

・mu tate『Let Me Put Myself Together』

f:id:yorosz:20210216095016j:plain

 

・Golem Mecanique『Luciferis』

f:id:yorosz:20210218152710j:plain

 

 ・Bamboo Mystics『Swara Suci』

f:id:yorosz:20210219080417p:plain

 

 ・Ryan Van Haesendonck『Vauville』

f:id:yorosz:20210220133250p:plain

 

・Clarice Jensen『Ainu Mosir』

f:id:yorosz:20210220133547j:plain

 

・Abul Mogard『In Immobile Air

f:id:yorosz:20210221170500j:plain

 

・Devid Ciampalini『Sorgente』

f:id:yorosz:20210222065539j:plain

 

・Samuel Reinhard『Interior』

f:id:yorosz:20210223191914j:plain

 

・Aaron Cupples『Island of The Hungry Ghosts (OST)』

f:id:yorosz:20210223200722j:plain

 

・Mantris『Souvenirs From Imaginary Cities』

f:id:yorosz:20210226100212j:plain

 

tau contrib『encode』

f:id:yorosz:20210227135801j:plain

 

・Ben Monder / Tony Malaby / Tom Rainey『Live at 55 Bar』

f:id:yorosz:20210227140650j:plain

 

 ・Diego Barber『Drago』

f:id:yorosz:20210227150439j:plain

 

 

 

〈旧譜〉

・Yumi Ito『Stardust Crystals』

f:id:yorosz:20210212030926p:plain

 

・Julia Reidy『Vanish』

f:id:yorosz:20210212031042p:plain

 

Matt Evans『New Topographics』

f:id:yorosz:20210212031147p:plain

 

・Jo David Meyer Lysne & Mats Eilertsen『Kroksjø』

f:id:yorosz:20210211175521p:plain

 

・Blutwurst『Anabasi』

f:id:yorosz:20210215034020p:plain

 

・Kazumichi KomatsuEmboss Star』

f:id:yorosz:20210218151808p:plain

 

・Jon Collin & Demdike Stare『Sketches Of Everything』

f:id:yorosz:20210218151510p:plain

 

・Louise Bock『Sketch for Winter VII - Abyss: For Cello』

f:id:yorosz:20210219075851p:plain

 

・Cucina Povera & Haron『Plafond 6』

f:id:yorosz:20210219080055p:plain

 

・Greg Fox『Contact』

f:id:yorosz:20210219081336p:plain

 

・Maria Teriaeve『Conservatory Of Flowers』

f:id:yorosz:20210220131748p:plain

 

Sophia Loizou『Untold』

f:id:yorosz:20210220140012p:plain

 

・vcam『Arconide』

f:id:yorosz:20210223192106p:plain

 

鈴木昭男 & Lawrence English『Boombana Echoes』

f:id:yorosz:20210223192312p:plain

 

・John Butcher & Gerry Hemingway『Shooters and Bowlers』

f:id:yorosz:20210212031246p:plain

 

・AUBE『Drip』

f:id:yorosz:20210227160609p:plain

 

・Town And Country『Town And Country』

f:id:yorosz:20210212031730p:plain

 

Eyeless in Gaza『Pale Hands I Loved So Well』

f:id:yorosz:20210215033538p:plain

 

・Jon Hassell『Vernal Equinox』

f:id:yorosz:20210213041411p:plain

 

・Mats Eilertsen『And Then Comes The Night』

f:id:yorosz:20210219123557j:plain

 

坂本龍一『ELEPHANTISM』

f:id:yorosz:20210219123624j:plain

 

・Reflection『The Errornomous World』

f:id:yorosz:20210219122924j:plain

 

 ・Françoise Hardy『La question』

f:id:yorosz:20210219123526j:plain

 

・New York Art Quartet『New York Art Quartet』

f:id:yorosz:20210219081427p:plain

 

JAY-Z『Volume. 3... Life and Times of S. Carter』

f:id:yorosz:20210219123455j:plain

 

・Shida Shahabi『Homes』

f:id:yorosz:20210220132218p:plain

 

Joni Mitchell『Night Ride Home』

f:id:yorosz:20210226101025j:plain

 

・claire rousay『t4t』

f:id:yorosz:20210224202034p:plain

 

・Virginia Genta & Chris Corsano『The Live In Lisbon』

f:id:yorosz:20210227160349p:plain

 

 

 

 

 

 

今月のお気に入り(2021年1月)

f:id:yorosz:20210131012755j:plain

今年もよろしくお願いします。

 

〈新譜〉

・Mika Vainio『Last Live』

f:id:yorosz:20210128072749j:plain

 

・Giulio Aldinucci『Music from Organ』

f:id:yorosz:20210128073019j:plain

 

・Spyros Polychronopoulos / Thanos Polymeneas-Liontiris / Iakovos Pavlopoulos『Widdershins』

f:id:yorosz:20210128072607j:plain

 

・Kosei Fukuda『流転 陽 ・ RUTEN +』

f:id:yorosz:20210128054450j:plain

 

・Biosphere『Angel's Flight』

f:id:yorosz:20210128072441j:plain

 

・Arca『Madre』

f:id:yorosz:20210128083756j:plain

 

・Jim O'Rourke『Best that you do this for me』

f:id:yorosz:20210128073208j:plain

 

・KID FRESINO『20, Stop it.』

f:id:yorosz:20210128083726j:plain

 

・Hali Palombo『Cylinder Loops』

f:id:yorosz:20210130014805j:plain

 

Loren Connors & Oren Ambarchi『Leone』

f:id:yorosz:20210130020015j:plain

 

 

 

 

〈旧譜〉

・Kosei Fukuda『流転 陰 ・ RUTEN -』

f:id:yorosz:20210124050850p:plain

 

・Drew McDwall『Agalma』

f:id:yorosz:20210128052730p:plain

 

・Ambrose Akinmusire『On The Tender Spot Of Every Calloused Moment』

f:id:yorosz:20210128082623j:plain

 

・Adrianne Lenker『instrumentals』

f:id:yorosz:20210128052950p:plain

 

・HHY & The Kampala Unit『Lithium Blast』

f:id:yorosz:20210128052439p:plain

 

Boris with Merzbow『2R0I2P0』

f:id:yorosz:20210128052326p:plain

 

・Loris S. Sarid『Music for Tomato Plants』

f:id:yorosz:20210128052616p:plain

 

Fiona Apple『Fetch The Bolt Cutters』

f:id:yorosz:20210128082318j:plain

 

・David Toop『Entities Inertias Faint Beings』

f:id:yorosz:20210128054141p:plain

 

・Hakobune『2014-2015』

f:id:yorosz:20210128084113p:plain

 

・shotahirama『Maybe Baby (Bandcamp Edition)』

f:id:yorosz:20210128053511p:plain

 

DMX『It's Dark And Hell Is Hot』

f:id:yorosz:20210128082351j:plain

 

Ornette Coleman『Of Human Feelings』

f:id:yorosz:20210128082420j:plain

 

・David Toop『Apparition Paintings』

f:id:yorosz:20210128053820p:plain

 

・STICKY『WHERE'S MY MONEY』

f:id:yorosz:20210128082449j:plain

 

David Bowie『Let's Dance』

f:id:yorosz:20210128082515j:plain

 

Harold Budd『La Bella Vista

f:id:yorosz:20210128082543j:plain

 

・FRANCE JOBIN + RICHARD CHARTIER『DUO』

f:id:yorosz:20210131023206p:plain

 

 

 

 

 

 

リリース情報:Shuta Hiraki『白炭』

                                              f:id:yorosz:20210128111020p:plain

 2021年2月4日に、現在はドイツを拠点に活動されている音楽家Yu Miyashitaさん主宰のレーベルThe Collection Artaudより新作『白炭』がリリースされます(タイトルは「しろずみ」と読みます)。

レコード(45回転12インチ、クリアヴァイナル)とデジタルアルバムでのリリースで、ディストリビューションなどはなくBandcampでのみ購入できます。クリアヴァイナルは限定10部のみで、それが売り切れた場合はブラックヴァイナルでの販売へと切り替わります。個人的にはこれが初のレコードでのリリースになります。

収録内容はA/B面に1曲ずつ、トータルで26分ほどの作品になります。The Collection Artaudのこのフォーマットはいわゆるシングル盤的な形態のものが多いですが、今作は短めのアルバムのような意識で制作しました。

内容については私のほうから説明的な情報は出しませんので、自由に聴いていただければと思います。レーベルサイトの作品ページにはオーナーのYu Miyashitaさんからいただいたコメントが掲載されていますので、そちらに事前に目を通されてもいいかもしれません。

また、今作のデジタルアルバムの価格は当初は作品の時間的な容量などから5ユーロ程度にと考えていましたが、Miyashitaさんとの協議の結果「レーベルの側からは内容に関わらず全ての作品に対し一定の最低価格のみを提示し、それ以上の評価は聴き手に委ねる」という姿勢を尊重し「2ユーロ以上」という設定にしています。

なので制作者の希望としては購入前にまず通して試聴をしていただき、もし購入に値すると感じていただけた場合には評価として2ユーロ以上の価格を付けていただくことが理想です。もちろんジャスト2ユーロで購入いただいてもありがたいです。

 

 

2/4追記 リリースされました!

 

BEST OF 2020

                              f:id:yorosz:20210117205524j:plain

2020年の年間ベストです。20作選び順位を付けました。この年は電子音楽アンビエントに分類されるようなものを多く聴いていて、セレクトもそういったものがほとんどになっています。感想は上位10作のみ。画像には試聴や購入ができるリンクを貼り付けています。ではどうぞ。

 

 

20. Sarah Davachi『Cantus, Descant』

f:id:yorosz:20210117175904j:plain

 

 

19. Jon Hassell『Seeing Through Sound (Pentimento Volume Two)』

f:id:yorosz:20210117175725j:plain

 

 

18. Kassel Jaeger『Meith』

f:id:yorosz:20210117180840j:plain

 

 

17. Lucrecia Dalt『No era sólida』

f:id:yorosz:20210117181014j:plain

 

 

16. Yu Miyashita『Muted Renaissance』

f:id:yorosz:20210117181125j:plain

 

 

15. Kassel Jaeger & Jim O'Rourke『in cobalt aura sleeps』

f:id:yorosz:20210117181250j:plain

 

 

14. Felicia Atkinson『Everything Evaporate』

f:id:yorosz:20210117181416j:plain

 

 

13. Richard Chartier『Continue』

f:id:yorosz:20210117181552j:plain

 

 

12. Tatsuhisa Yamamoto『Ashiato』

f:id:yorosz:20210117204603j:plain

 

 

11. crys cole『Beside Myself』

f:id:yorosz:20210117181709j:plain

 

 

10. drøne『the stilling』

f:id:yorosz:20210116011344j:plain

英エクスペリメンタル・レーベルの老舗Touchの運営者Mike Hardingと、Seefeelの元メンバーとしても知られている音楽家Mark Van Hoenによるユニットdrøneが2020年初頭に発表した4thアルバム。さながらTouchレーベルのサウンドアーカイブをまさぐって作られたダイジェスト音源の如き密度を持った仕上がり(ただし本作のリリースはAnna von Hausswolff主宰のPomperipossa Recordsから)。1982年の立ち上げ以降、ベタなアンビエントはないものの、インダストリアル、ノイズ、フィールドレコーディング、ドローン、ポスト・クラシカルなどなど、そこと接地または時には領域を重ねるような様々な種類の音楽をリリースしてきたTouchの音指向が大胆に表れた(『ニーチェの馬』での猛風に見舞われる世界、そこでカメラに収められなかった丘の向こう側を思わせるような)重厚な一作。

 

 

9. Flora Yin-Wong『Holy Palm

f:id:yorosz:20210115205406j:plain

DJやライターとしても活動しているアーティストFlora Yin-Wongの初アルバム。LP2枚組の作品で1枚目にはエクスペリメンタル/クラブ的なトラックを中心とした10曲を、2枚目には様々な土地の音を海賊録音もしくはラジオコラージュ的に聴かせる長尺曲2編を収録。個人的には不気味な空間演出のための低音や声の扱い、ダークなシンセサウンド、そしてコラージュ的なごちゃごちゃ感もありつつシャープで身軽な尺と音像にまとめられた1枚目のトラック群のかっこよさにやられました。

 

 

8. Nicolas Jaar『Cenizas』

f:id:yorosz:20210115205257j:plain

ジャンル的には何に分類されてるのかよくわかってないアーティストNicolas Jaarの新作。先に出たAgainst All Logicが凄くよかったんですがこっちも素晴らしかったです。歌が入るもの、リズムがしっかり打たれるトラック、楽器が前面で鳴る器楽の小品的なものなどなどいろいろ入ってる印象ですが、それらが歌もの、ダンストラック、器楽として個々に価値を主張してるような感じがあまりなく、かといって焦点の定まらないバラバラな作品集というわけでもなく、なんとなく統一感を感じながら聴けてしまえる不思議なアルバム。そういう意味ではサントラ的?といえるのかも。少なくとも自分は無意識的にそういう風に聴いてる気がします。そう考えると風変りなサウンドを随所で使ってるところにちょっとフォーリー的な発想を感じたりもします。

 

 

7. Eiko Ishibashi『Hyakki Yagyō』

f:id:yorosz:20210115205047j:plain

2020年に自身のBandcampでのセルフリリースを含め多数の作品を発表した石橋英子。本作はBlack Truffleからの一作。シドニーニューサウスウェールズ美術館で開催された「Japan Supernatural」展のために制作された、江戸時代以降の怪談やフォークロアに焦点を当てた作品ということで、舞踊家振付家の藤村隆一による一休宗純の詩の朗読音声の使用が耳を引きます。カフカ鼾などでも活動を共にしているJim O'Rouekeと山本達久が同じく2020年に発表した『Shutting Down Here』と『Ashioto/Ashiato』とは、編集によって精巧に編み上げられ、その構成によって何かを物語ろうとする音作品であることや、左右と奥行きを上手く活用しながらも舞台芸術的な足元の確かさがとても深いところで感じられる点などが共通するので、是非とも合わせて聴いてみてほしいです。

 

 

6. Bellows『Undercurrent』

f:id:yorosz:20210115204904j:plain

00年代の終わり~10年代を通してサンプリングや物音、ノイズを用いたループ作品を多く制作し、そこから醸し出されるアトモスフィアによってエクスペリメンタルと呼ばれる音楽のリスナーに新たな地平を見せてくれたGiuseppe IelasiNicola RattiによるユニットBellowsの新作。これまでと基本的な作風は地続きですが、今回は既存音源のサンプリングではなく自身で演奏した楽器(ギター、ドラム、シンセなど)をテープループ化して主な素材としているようです。そのためかスタティックなループ構造がこれまでの作品より聴き手の意識に焼き付かず、テープを用いた加工による音の揺れも相まって、かけているとオーガニックさやメロウさがどこからともなく立ち上がってくるような仕上がり。制作手法に内在するオートマチック性がなぜか音の生気(もしくは霊性?)を増幅させる方向に働いているような感触があり、そのループ性に似つかわしくないほどの即時生成感を感じながら音に浸れる逸品です(その意味で後に出てきますがRoméo Poirier『Hotel Nota』に近い聴き心地を感じます)。不可思議音響って言葉がマジ似合う。

 

 

5. FUJI​|​|​|​|​|​|​|​|​|​|​TA『iki』

f:id:yorosz:20210114190528j:plain

イントナルモーリの制作、水の音を用いたパフォーマンスなど常に独自の探求と創作を続けているアーティストFUJI|||||||||||TA(aka 藤田陽介)による完全自作のオルガンを用いた録音作品。 こちらにレビューを書いています。

 

 

4. Jim O'Rourke『Shutting Down Here』

f:id:yorosz:20210114190616j:plain

純化して捉えるならジム・オルーク流のGRMなどの正統的ミュージック・コンクレートというところに落ち着くのかなとは思うのですが、彼でなければこうはならないよなというようなサウンドや展開が随所に(それも相当な時間をかけないと味わいきれない程に)仕込まれており、 近年の作品の中でも “精巧さ” という尺度では頭一つ抜けているような印象があります。留まることなく変化し、現れる様々な音響に逐一反応していくだけでも十分に面白い作品ですが、モチーフの再現や展開からは(明確に物語とは言わないまでも)記憶に関わろうとする、それによって聴き終えた後に鑑賞者の中で作品内の様々な場面が乱反射し陰影や立体性を生むことを目論む、といった指向性が滲み出ているように感じます。

 

 

3. KMRU『Peel』

f:id:yorosz:20210114185906j:plain

ケニア・ナイロビ出身のアーティストKMRU(カマル)がEditions Megoから発表した一作。2020年のベストアンビエントはこれでしょう。彼は多作で2020年に限っても結構な数出してましたが、ムードの持続という観点ではこれはダントツかなと思いました。環境に馴染ませて何かの作業しながら的な接し方というより、再生しといて聴くともなく茫然自失するみたいな時間の過ごし方にめちゃくちゃフィットします。濃厚なムードを持った音楽である一方で、(非常に些細な変化しか起こらない構成のためか)傾聴してなんぼみたいな重みはなく、ありそうでなかなかない類の価値を感じます。何度聴いてもその価値が何によって生まれているのか掴めず、またそれは彼の他作品には見当たらないもののようにも感じるので、マジックが起きてる特別な作品といっていいかも。

 

 

2. Roméo Poirier『Hotel Nota』

f:id:yorosz:20210114185817j:plain

フォトグラファーとしても活動するフランス人作家Roméo Poirierの作品。分類は難しいところですがモジュラーシンセの即時的な生成/変化をリラクシンなかたちで取り込んだ電子音楽という側面が最も強いかなという作風。ループするサウンドや構造もありつつ、それを逃れるような緩いフレームで漂うサウンドがとてもいい塩梅にオーガニックさやアンビエント的な聴き心地を生んでいる印象です。温泉地帯でどこからともなく起こり続ける煮沸音のような、意識を害さない機微や雑味を持った音の持続が気持ちよく、そのままの表現になりますが本当にいい湯加減の一作です。(意識や環境などいろんな意味で)どれだけ雑な聴き方/接し方をしてもあまり作品の価値が損なわれず伝わってきてしまうような浸透性があり、故にどんな状態/環境でも気軽に再生でき、終わった時には豊かな聴取体験ができたような感覚(錯覚?)がほんのり残ります。

 

 

1. TOMOKO HOJO + RAHEL KRAFT『Shinonome』

f:id:yorosz:20210114185725j:plain

ロンドン芸術大学サウンド・アーツ修士コースの同級生として出会い、2016年より「音、場所、そこに発生する親密さ(関係性)」をテーマにしたいくつかの共同プロジェクトを手掛けてきた北條知子とRahel Kraftによる作品。夜明けの時間帯という共通項を持ちながらも異なる様々な場所の響きが交錯することで、どの音にも不思議な匿名性が宿っており、跡を残さず意識を素通りしてくれるような、しかしある瞬間には(過去の記憶と結びついたノスタルジー的なものとは一線を画した)親密さが生じ得るような、独特な距離感や重みに魅了されました。

 

 

 

以上になります。最後までご覧いただきありがとうございます。

また2020年の年間ベストは他にもジャンルやテーマを設けて書いたものがいくつかあるので、それらを貼っておきます。是非ご覧ください。


 

今月のお気に入り(2020年12月)

f:id:yorosz:20201230225910j:plain

 

〈新譜〉

・FUJI||||||||||TA『KŌMORI』

f:id:yorosz:20201226163039j:plain

 

Eiko Ishibashi『Orbit』

f:id:yorosz:20201225220645j:plain

 

・Arca『KiCk i』

f:id:yorosz:20201226165856j:plain

 

・Senyawa & Stephen O'Malley『Bima Sakti』

f:id:yorosz:20201226163253j:plain

 

・Shuta Hiraki『Circadian Rhythms Vol.1』

f:id:yorosz:20201222205007p:plain

 

・WZRDRYAV『West Coast Systems』

f:id:yorosz:20201225220924j:plain

 

・Leo Okagawa『Caprice』

f:id:yorosz:20201225221059j:plain

 

・Yu Miyashita『Muted Renaissance』

f:id:yorosz:20201225221157j:plain

 

・LOG『LOG ET3RNAL』

f:id:yorosz:20201225221334j:plain

 

・Lucia Cadotsch『Speak Low II』

f:id:yorosz:20201225222433j:plain

 

・Miguel Isaza『Interdependencia』

f:id:yorosz:20201225222813j:plain

 

・Ian William Craig & Daniel Lentz『FRKWYS Vol. 16: In a Word』

f:id:yorosz:20201225223240j:plain

 

・Ayami Suzuki『Unknown Beach』

f:id:yorosz:20201225221755j:plain

 

・Machine Gun Kelly『Tickets To My Downfall』

f:id:yorosz:20201226165758j:plain

 

・明日の叙景『すべてか弱い願い』

f:id:yorosz:20201226165826j:plain

 

・Arca『@@@@@』

f:id:yorosz:20201226170252j:plain

 

Rian Treanor『File Under UK Metaplasm』

f:id:yorosz:20201225222207j:plain

 

・Ueda Takayasu『Boma(母間)』

f:id:yorosz:20201225222042j:plain

 

 ・Liberty Ellman『Last Desert』

f:id:yorosz:20201225221911j:plain

 

・Awich『Partition』

f:id:yorosz:20201226165728j:plain

 

・Hideki Umezawa / Andrew Pekler『Two views of Amami Oshima』

f:id:yorosz:20201226163438j:plain

 

・Teno Afrika『Amapiano Selections』

f:id:yorosz:20201226163555j:plain

 

・Nate Wooley『Seven Storey Mountain VI』

f:id:yorosz:20201226163731j:plain

 

・Junk Magic『Compass Confusion』

f:id:yorosz:20201226163930j:plain

 

・Perlia『Everything Is Already There』

f:id:yorosz:20201228005002j:plain

 

・Jon Hassell『Seeing Through Sound (Pentimento Volume Two)』

f:id:yorosz:20201228220809j:plain

 

Taylor Deupree『Objects I've Been Given』

f:id:yorosz:20201228220922j:plain

 

・Hecker / Okkyung Lee『Statistique Synthétique / Teum (the Silvery Slit)』

f:id:yorosz:20201229173812j:plain

 

 

 

〈旧譜〉

JAY-Z『Vol.2... Hard Knock Life』

f:id:yorosz:20201226165514j:plain

 

・Martina Lussi『Selected Ambient』

f:id:yorosz:20201226164534p:plain

 

Boris with Merzbow『Sun Baked Snow Cave』

f:id:yorosz:20201226164115p:plain

 

・Acryl『Portion』

f:id:yorosz:20201226164830p:plain

 

・Julian Priester Pepo Mtoto『Love, Love』

f:id:yorosz:20201226165551j:plain

 

Derek Bailey『Carpal Tunnel』

f:id:yorosz:20201226164341p:plain

 

・Tomonari Higaki『Mahoroba』

f:id:yorosz:20201226164209p:plain

 

・The Flying Lizards『Top Ten』

f:id:yorosz:20201230222220p:plain

 

 

 

 

 

 

リリース情報:Shuta Hiraki『Circadian Rhythms Vol.1』

                                     f:id:yorosz:20201222205007p:plain

 2020年12月4日に、Richard Chartierが運営するサウンドアートや実験音楽など主に扱うレーベルLINEより新作『Circadian Rhythms Vol.1』をリリースいたしました。

非24時間睡眠覚醒障害から着想を得た作曲作品集となっています。

コンセプチュアルな作品のため概要を読んでテーマについて調べたりなどもしていただくと構造的な面での理解度は深まるかと思います。

是非ともよろしくお願いします。

 

Bandcampに掲載されている作品概要の文章は英語のため、日本語に訳したものを以下に掲載しておきます。

 

 

“このアルバムは私の慢性的な非24時間睡眠覚醒障害に触発された一連の作曲の最初のコンパイルです。

非24時間睡眠覚醒障害は、25時間周期の概日リズムを特徴とし、通常の24時間周期からの逸脱を引き起こす概日リズム障害の一種です。

これにより、患者は24時間周期での生活に支障をきたし、時差ぼけに似た症状を慢性的に経験します。

この障害は、完全に盲目の人によく見られますが、そうでない人にも発生する可能性があります。

この作曲シリーズでは、このサイクル偏差に注目し、その値をチューニング、周波数、倍音、および時間変換などに適用しています。

このアルバムには、実際の時間を1秒に変換することで偏差の推移を反映した作品が多数含まれています。

op.5のみ24時間を1秒に変換しています。

すべての作品で、左チャンネルに25に基づくサイクル、右チャンネルに24に基づくサイクルを適用しています。”

 

 

 

今月のお気に入り(2020年11月)

f:id:yorosz:20201130195925j:plain

 

〈新譜〉

Autechre『PLUS』

f:id:yorosz:20201120062451j:plain

 

・Emra Grid『five cycles through an empty chamber』

f:id:yorosz:20201120062615j:plain

 

・Mary Halvorson's Code Girl『Artlessly Falling』

f:id:yorosz:20201120062733j:plain

 

・Nobuki Nishiyama『residue』

f:id:yorosz:20201120061809j:plain

 

・Tomoko Sauvage『Fischgeist』

f:id:yorosz:20201120061705j:plain

 

Marco Paltrinieri『The Weaver』

f:id:yorosz:20201120061558j:plain

 

・Jake Muir『the hum of your veiled voice』

f:id:yorosz:20201120061451j:plain

 

・perila and ulla『silence box 1』

f:id:yorosz:20201120061344j:plain

 

・Flora Yin-Wong『Holy Palm

f:id:yorosz:20201120062939j:plain

 

・Pole『Fading』

f:id:yorosz:20201124143300j:plain

 

・Junes K『Silent Running』

f:id:yorosz:20201127195314j:plain

 

・Richard Chartier『Continue』

f:id:yorosz:20201124143557j:plain

 

William Basinski『Lamentations』

f:id:yorosz:20201124143428j:plain

 

・Nels Cline『Share The Wealth』

f:id:yorosz:20201127195225j:plain

 

・Christian Zanési『Détournement Choral』

f:id:yorosz:20201120061234j:plain

 

・Signal Arrow『Under / Dada』

f:id:yorosz:20201120061118j:plain

 

Ana Roxanne『Because of a Flower』

f:id:yorosz:20201124144316j:plain

 

・Juri Suzue『Rotten Miso』

f:id:yorosz:20201124144537j:plain

 

 

 

〈旧譜〉

Autechre『Quaristice』

f:id:yorosz:20201124143926j:plain

 

John Surman, Jack Dejohnette『The Amazing Adventures Of Simon Simon』

f:id:yorosz:20201124150504j:plain

 

Stephan Mathieu, Ekkehard Ehlers『Heroin』

f:id:yorosz:20201124143724p:plain

 

・Simon Finn『Pass the Distance』

f:id:yorosz:20201124150207p:plain

 

・David Toop and Max Eastley『Buried Dreams』

f:id:yorosz:20201130195142j:plain

 

Sonic Youth『Evol』

f:id:yorosz:20201124150003j:plain

 

・The Stooges『Funhouse』

f:id:yorosz:20201124150333j:plain

 

・山本邦山『無限の譜』

f:id:yorosz:20201120062333j:plain

 

佐野元春『VISITORS』

f:id:yorosz:20201124145931j:plain

 

・Cédric Stevens『Hanging in the Wires』

f:id:yorosz:20201124145022j:plain

 

・Geto Boys『We Can't Be Stopped』

f:id:yorosz:20201124150037j:plain

 

・Pyrolator『Inland』

f:id:yorosz:20201124145236p:plain

 

・Monos『Collage』

f:id:yorosz:20201130151306p:plain

 

・Earth『Hex; Or Printing In The Infernal Method』

f:id:yorosz:20201127195433p:plain

 

・『Moonlight (Original Motion Picture Soundtrack)』

f:id:yorosz:20201129195830j:plain